不動産価値を調べる

家の価値(築年数)と査定価格 築1年〜築10年

不動産価値

あなたが何らかの事情で自宅を売却したいと思ったら、当然「どれくらいで売れるのか?」という疑問が出てきますよね。

 

一般に土地と違って家屋は痛みや損傷が生じることから、中古物件はキズモノのように扱われるので自分の家も思うような値段がつかないのではないかと不安もあるでしょう。
それでは家屋の築年数が査定価格にどのように影響するのか確認してみましょう。

 

家の価値査定は10年で0に!?

不動産の取引実務では、基本的に築10年を経過した家屋は価値がほとんど無いと判断されることが多いです。
この期間、とても短いと思いませんか?数千万円かけて建てた自宅の価値がたった10年で0になるなんて、と嘆かれる方が多くいらっしゃいます。

 

なぜ10年かというと

 

かなり大事に使用したとしても部屋のあちこちには生活の傷が付き、お風呂場の隅にはクリーニングをかけても取りきれないカビがつき、台所のシンクや目に見えない水道管にも錆びが発生します。

 

壁の傷

これらはその家屋の所有者にとってみれば「傷」ではなく自らの歴史みたいなもの。なにも不具合もありませんし、それが当たり前なのです。
しかしそれを次に購入する人にとってはどうでしょう?他人の生活の跡というのはちょっとしたキズや小さなカビの跡でさえも不快に感じてしまうものです。

 

実際、中古物件を探す人はインターネットサイトで検索する際に「築10年」を超える物件を対象から外して情報収集する方が多いのです。

 

ですからあなたが売り手となる場合は10年以内に売りに出さなければ、その価値は極端に下がってしまうのです。

 

新築から築10年までの価値の変動

 

取引実務では基本的に築10年で0判定とされるわけですが、実はこの基準は不動産業界の指標を作ったり、不動産情報の検索システムを提供して業界に寄与している「公益財団法人不動産流通近代化センター」という機関が作成するマニュアルで示されているものなのです。

 

そのマニュアルの中では

築10年 0
築9年 +1.5
築8年 +3.0
築7年 +4.5
築6年 +6.0
築5年 +7.5
築4年 +9.0
築3年 +10.5
築2年 +12.0
築1年 +13.5

これを見ても、やはり取引実務と相違しないものになっていますね。

 

物件固有の事情、例えば高価な設備が整っているだとか、毎年専門業者のクリーニングを受け一般家庭とは比べられないほどの清潔さが保たれているなどの事情があればもちろん補正されますが、通常はこの指標通りの動きとなります。

 

不動産検索サイトで調べても

 

築10年以上経過した物件は土地だけの値段とほとんど変わらない値が付けられているものもあります。住み替えを検討するなら少なくても築10年経過前に実行するようにしましょう。

 

不動産売却で損なく高く売るなら

諸事情により持っている不動産を売却するときには、誰でも思う事は「少しでも高く売りたい」と言う事!これをネットで簡単に実現させてくれるサイトがイエウールと言う不動産一括査定のサイトとなります。

 

一括で住んでいる近くの不動産に査定をしてくれて簡単に各社の査定額を知る事が出来ます。
もちろん無料で使う事が出来ますので損がなりなりますよ!

 

>>>60秒不動産査定の「イエウール」はこちら

 

イエウール 査定

 

査定額が1000万円から1500万円へとUPしました!

 

私は家を売るときに何社も問い合わせすることなく面倒な手続きもなくかなり縮小できたので大変助かりました。


忙しい方や不動産売買の知識がちょっとないような方は損しないように無料なので使いましょう!


>>>イエウールの不動産一括サイトはこちら
>>>イエウールの申し込み体験談のレビューはこちら