離婚 家 売る

離婚で住宅ローンが残っている家を売る時のポイント

よく住宅ローンの残債務が残っているんだけど売却はできるんですか?という質問を受けることがあります。

 

ローンが残っていても売却することは可能です。

 

 

住宅ローンというのは貸し手であるローン事業者に必要額を返済できれば良いわけですから、その住宅の所有者がだれかということは本来あまり関係ないことです。

 

ただしケースによっては抵当権者である銀行等の承諾が必要なこともあるので事前に相談する必要があります。ただ一般的には貸し手の銀行も一括して返済してくれれば返済の焦げ付きリスクも減りますし歓迎されることも多いです。

 

では売ると決めたらできるだけ高く売りたいもの。そのために何かできることはあるのでしょうか?

 

自宅の価値を知る

 

売却予定の自宅がどのくらいの価値があるのかを判断することで、売却交渉での優位性を保てるかどうかが決まります。

 

近所の不動産やさんに査定をお願いしても良いですが、一軒だけでは比較ができません。複数の業者に査定をお願いすることで平均的な価値が見えてくるのです。複数業者を一軒一軒訪ねて回ってもよいですが非効率です。そこで一括査定サイトのようなサービスを利用して、一度に複数の事業者に査定をお願いすることができます。

 

その物件がある地区をテリトリーとする事業者に一気にお願いすることができるので非常に便利です。不動産業者を探す経験をしたことがある人は分かると思いますが結構な業者数です。知っているようで意外と見落とすことがあるのです。もしその見落とした業者が実は一番高く査定してくれるところだったら勿体ないですね。

 

担当者との相性も重要

 

事業者のネームバリューだけでなく、売却を担当してくれる人との相性も重要です。

 

離婚に際しての売却ですから「少しでも多くローン返済に充てて新たな人生に進みたいんだ」という意思を汲みとって、懸命に高価買取を検討してくれるかどうかです。売り手の売り急ぎに乗じて上から目線で安く買いたたこうという姿勢は問題外ですが、少なくても親身になって相談に乗ってくれる担当者がいるかどうかは重要なポイントになります。

 

小さな修理も効果的

 

できる範囲でのクリーニングやドアの修繕など可能な限りのメンテナンスを施せばそれだけで査定がUPします。業者の査定前でなくても、査定時に「ここを修繕してくれればこれだけUPです」などとアドバイスが貰えますから、それにかかる費用と相談して修繕を実施する方が有利になる場合もあります。

 

 

査定額が1000万円から1500万円へとUPしました!

 

私は家を売るときに何社も問い合わせすることなく面倒な手続きもなくかなり縮小できたので大変助かりました。


忙しい方や不動産売買の知識がちょっとないような方は損しないように無料なので使いましょう!


>>>イエイの不動産一括サイトはこちら
>>>イエイの申し込み体験談のレビューはこちら