不動産価値

土地価格を調べる方法について

自分が所有している土地がどれほどの価値があるのかを気にする人は多いですよね。

 

自分で住むための宅地であれば

 

売買や賃貸、あるいは投機に使うわけではないので気になるのは税金関係の値段でしょうか。固定資産評価額とか相続税評価額とかですね。

 

しかし一般的にこの土地には市場価値としていくらくらいの値が付けられるのか、内心では皆気になるものです。上記の税金算出のための評価額も参考にはなりますが、民間でのビジネス取引の対象として見る場合にはどのようにして土地の価格を調べれば良いのでしょうか。

 

不動産事業者を利用する

 

素人の方がまず最初に考える方法ですね。実際これが一番正確な方法かもしれません。その土地がある周辺から近隣地域まで、テリトリー内の物件についてはプロの目を利かせて価格をはじき出してくれるでしょう。

 

査定は無料で行ってくれるはずですが、お願いする場合は「ただ単に価格が知りたいから」と言ってしまうと単に手間をとられるだけなので嫌がられます。
売却をするかもしれないので・・」という名目をつけておくのが礼儀と言えるでしょう。

 

不動産鑑定士に依頼する

 

ただの不動産屋のご主人よりも専門資格を持った不動産鑑定士はプロ中のプロ。国家資格者です。

 

学術的、論理的に不動産の価値を見極めることができるので、日本国内で最高レベルの鑑定をしたいならば彼らを利用することになります。ただし無料での鑑定はしてくれません。調査費用を支払って利用することになります。

 

自分で調べるには?

 

少し難しいですが自分で調べることもできないわけではありません。

 

例えば国土交通省が管理しているサイトで、実際の取引実例を基にした不動産取引の価格情報を載せているものがあります。あくまで現実に行われた取引価格なので個別の事情が補正されていないものです。

 

たとえば売り主の売り急ぎ(何らかの事情で早く売って現金化しないといけないのでかなり安い金額となったなど)や親族間での取引の為に実際の相場から離れた数値になっていたり、逆に何らかの事情で高騰した値段だったりする場合があります。

 

サイト左側の「地域を選ぶ」のカラムから調べたい地域を設定すると該当があれば数字が出てきます。実例が無い地域もありますが、関係者へのアンケートで作られたサイトなので実例が無かったり協力を得られなかったりで参照データが無い場合もあります。

 

不動産屋さんを利用できない遠隔地の下調べなどには使えるかもしれません。
http://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet

 

 

査定額が1000万円から1500万円へとUPしました!

 

私は家を売るときに何社も問い合わせすることなく面倒な手続きもなくかなり縮小できたので大変助かりました。


忙しい方や不動産売買の知識がちょっとないような方は損しないように無料なので使いましょう!


>>>イエイの不動産一括サイトはこちら
>>>イエイの申し込み体験談のレビューはこちら