土地 価格相場

全国の土地の価格相場ってわかりますか?

自分が住んでいる周辺の土地ならばある程度の相場の把握をしている場合もありますし、街を歩いていれば不動産屋さんの張り紙や売地に建っている看板に価格が書かれている場合もありますね。

 

では不動産投資やその他の投機のため、あるいは田舎に住んでいる親の土地を相続で所有権を得そうなので、その地域の土地の相場を事前にリーサーチしておきたいなどという場合はどうやって土地の相場を調べればよいのでしょうか。

 

現地の不動産屋さんほどの、生きた情報と比べると少し精度は落ちますが、国土交通省が行う不動産取引関係者へのアンケート調査を基にしたデータ提供サイトがあります。

 

不動産取引価格情報(土地総合情報システム)

 

http://tochi.mlit.go.jp/kakaku
このサイトは日本の国土政策を司る国土交通省が管理しているものですが、土地だけでなく不動産の動向を国民に広く提供するためにあるものです。

 

その中で土地の取引についての実際の取引価格を検索するシステムがあり、誰でも利用することができます。

 

「不動産取引価格情報」から入り、日本語版を選択します。画面左側に「種類を選ぶ」や「地域を選ぶ」という項目がありますが、目的の土地の種類を宅地だけに絞ることもできますし、土地と建物両方を選択するなどもできます。

 

あとは該当地域を絞っていけば、これまでに実際に行われた取引事例の価格を見ることができます。注意が必要なのはこのサイトで確認できるのは「実際の」取引価格だということです。

 

「それが知りたいんじゃないか。何が注意なの?」と思うかもしれません。

 

不動産取引の参考価格の取扱いが難しいところは各取引でどんな「事情」が絡んでいたのかということを把握できないことです。例えばその物件を売りに出したオーナーは離婚に伴う財産分与の支払いの為に急いで現金化しなければならない状況にあり、相当安い価格で売ってしまった。

 

あるいは買い手である取引相手に別に大きな貸しがあり、その反対給付として不動産取引時に相当高く売った。などの事情が隠されているかもしれません。そういったある意味裏事情を知ることができないために信頼性に欠ける点が無いともいえません。

 

また取引の前に新駅の開設計画があり土地が急騰していたなどの事情もあったかもしれません。こういった補正が入らない数値ですので、できれば目的の地域だけでなく少し範囲を広げて参考価格を調べてみる方が良いかもしれませんね。

 

 

査定額が1000万円から1500万円へとUPしました!

 

私は家を売るときに何社も問い合わせすることなく面倒な手続きもなくかなり縮小できたので大変助かりました。


忙しい方や不動産売買の知識がちょっとないような方は損しないように無料なので使いましょう!


>>>イエイの不動産一括サイトはこちら
>>>イエイの申し込み体験談のレビューはこちら