離婚 住宅ローン

離婚した時、住宅ローンどうなる?

離婚 住宅ローン

夫婦で住むマンションを購入して、その後離婚に至るケースは往々にしてあります。

 

人生を賭けて購入する非常に高額な買い物ですが、二人の力を合わせれば何とかなる。そう思って思い切って購入した数年後に離婚。悲しいですが多く存在するケースです。高額なマンションの購入にあたっては住宅ローンを利用することが一般的で、数十年計画でローンの返済をしていくことになります。

 

このローンが残った状態で離婚する場合、残債務はどのように扱われることになるのでしょうか?

この場合、現在の住宅の価値とローン残高の価額によって処理方法が異なってきます。

 

住宅の価値>ローン残高

 

ローン残高よりも現在の住宅の価値が高い場合、売るとしたら売却益が出ますから、その分だけの財産があると判断することができます。

 

この財産は夫婦共同で築き上げた共同財産ですから、財産分与としてお互いで分け合うことになります。実際に売却してお金を分けても良いですし、どちらかが住み続けるなら売らずに相手の取り分を現金で支払う代償分割方式をとることもできます。

 

住宅の価値<ローン残高

 

いわゆるオーバーローンの状態にある場合は住宅の金銭的な価値は無いと判断されます。換価しても金銭的利益が出ないからです。

 

この場合は財産分与の対象にはならずに、各自が負担する法律上の責任において残債務の返済をしていくことになります。もし夫名義でローンを組んでいるならば夫だけが返済を続けることになりますし、それに加えて妻が保証人になっているのならば主債務者が夫で、妻は保証人としてその後も責任を負っていくことになります。

 

もし物件を売却してしまうならば痛み分けということで幾分かはスッキリしますが、片方が住み続ける場合は他方は不公平感が残りますね。自分が使用しない物件の残債務を負担し続けるわけですから。
この点はその配偶者を選んだ自分に責任があると考えるしかありません。見る目が無かったということです。

 

負担の一部を免れる方法

 

それでも相手方の了承がある場合は一部の負担を免れることができます。

 

相手配偶者の了承があれば当事者間では負担を免れますが、銀行などローン契約の相手方との関係では責任は免れません。銀行等の了承があればその後の保証債務やローンの返済債務を免れることができますがほとんど無理です。

 

現実的に可能なのは相手配偶者との契約で自方の債務負担を無くすくらいです。この場合後で相手配偶者が契約を守らなかった場合は銀行等から弁済の請求を受けることになります。

 

 

査定額が1000万円から1500万円へとUPしました!

 

私は家を売るときに何社も問い合わせすることなく面倒な手続きもなくかなり縮小できたので大変助かりました。


忙しい方や不動産売買の知識がちょっとないような方は損しないように無料なので使いましょう!


>>>イエウールの不動産一括サイトはこちら
>>>イエウールの申し込み体験談のレビューはこちら