空き家バンクとは

空き家バンクとは

みなさんは「空き家バンク」という言葉を聞いたことがありますか?

 

これは全国に急増する空き家と、その利用を希望する移住希望者とを繋いで利用の促進を図るマッチング事業のことです。

 

家というのは

 

人が住まなくなると急速に朽ちていくのでできるだけ誰かに住んでもらった方が資源の無駄遣いにならずに済むわけです。昨今の田舎暮らし・移住ブームによって都会から地方に住み替えを実行する方も増えており、そうした人が物件を探しやすくし、スムーズに移住を行えると期待されていました。

 

しかし実際は

 

空き家バンク制度は画一的なシステムになっておらず、各県や市町村などの自治体レベル、あるいはそこに財団法人などの個別企業も加わって渾然一体となって運用されています。移住を検討する人に向けて一本化された公的な窓口が無いのが現状です。

 

例えば鳥取県に移住したいなら鳥取県のHP等から、あるいは鳥取の倉吉市に決めているのであれば倉吉市のHP等からアクセスして自分で情報を集めるしかありません。各地元の宅建協会などが協力している所もありますが、全国一律ではなくまとまりがないため、全体的に利用しずらいものになってしまっているのは否めません。

 

買い手・借り手から見ると

 

物件を探す立場から見ると、まずは自分で移住する場所を決めてから物件選びに進む必要があります。

 

その後で当該地域の空き家バンクサイトを検索することになるのですが、まずその窓口が見つかりづらく手間がかかる印象です。関係する機関がそれぞれバンクの説明を載せたりしている場合もあるので、どれが正式な窓口か分かりません。例えば県なのか、市なのか、「空き家バンクセンター」などとうたっている財団法人なのか、宅建業協会なのかといった感じです。

 

この点が利用しづらいものにさせている一因です。

 

売り手・貸し手から見ると

 

利用者が敬遠してバンクを使ってくれないために、せっかく物件を登録しても利用者が見つからないことも多く、なかなかの不評です。中古といっても不動産ですから買い手や借り手も実際に物件を目視したいでしょう。しかし遠くからわざわざ足を運ぶ機会はそう多く取れません。

 

そのため契約の進行度合いが遅く、早く利用者を見つけたいという登録者の要望を満たすことができないのが実情のようです。この点は、各自治体のPR能力や制度の運営能力にかかるところでもあるので、自治体職員の能力如何で改善の余地はあると思います

 

 

査定額が1000万円から1500万円へとUPしました!

 

私は家を売るときに何社も問い合わせすることなく面倒な手続きもなくかなり縮小できたので大変助かりました。


忙しい方や不動産売買の知識がちょっとないような方は損しないように無料なので使いましょう!


>>>イエイの不動産一括サイトはこちら
>>>イエイの申し込み体験談のレビューはこちら